【日向灘】4月7日14時10分頃から揺れた・地鳴りの投稿が続出!7日14時12分頃には日向灘を震源とするM4.6の地震が発生!8日は『スーパーピンクムーン』の見られる日!満月が巨大地震のトリガーに!?日向灘の地震が南海トラフ地震に影響を与えるという研究も!

4月7日14時10分頃から地鳴りがしたという報告が続出しています。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~   

【未来人2062年】未来人2062年が北海道がとても悲しいと発言していた!千島海溝沿い超巨大地震のこと?地震本部は地震の規模は東日本大震災に匹敵・今後30年以内に最大40%で発生と予想!津波は北海道沖で最大約28m・市街地でも最大14.5mの深さで浸水する可能性あり!

【地震雲】4月7~8日にかけて『地震雲』の目撃情報が相次ぐ!8日は『スーパーピンクムーン』が見られる日!満月前後は南海トラフ地震・首都直下型地震などの巨大地震にも要警戒!

目次

4月7日14時10分頃から『地鳴り』のツイートが急増!!

4月7日14時10分頃から『地鳴り』のツイートが急増しています!!

早速地鳴りの内容を見てみましょう!!

毎日一定数地鳴りがしたといった投稿はありますが、これはさすがに多すぎますね!

4月7日14時10分頃から『揺れた』のツイートが急増!!

同様に4月7日14時10分頃から『揺れた』のツイートが急増しています!!

九州地方を中心に揺れたとの投稿が相次いでいます!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

4月7日14時12分頃に日向灘を震源とするM4.6の地震が発生!

対象の時間の地震情報を見てみましょう!!

4月7日14時12分頃に日向灘を震源とするM4.6の地震が発生していますね!震源の深さは約30㎞で、この地震による津波の心配はありません!

引用:気象庁|地震情報

タイミングからしてこの地震のようですが、今後さらに大きな地震が来るのでしょうか?

この地震による最大震度は3!

 この地震により、大分県中部・大分県南部・大分県西部・宮崎県北部平野部・宮崎県北部山沿いで震度3を観測しています☟

引用:気象庁|地震情報

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

そもそも地鳴りってなに?

地鳴りとは、地震や火山活動に関連して、地面の短周期の振動が空気を伝わる事で、音として聞こえることを言います。地鳴り以外にも『鳴動』という呼び方もあります。ちなみに規模の大きな地震の前には聞こえる事が多いようですね!!

専門家は地鳴りは地震の前兆として考えるのは現時点で早計と指摘!

そもそも地鳴りが地震の前兆と言えるのでしょうか?日本地震予知学会会長で電気通信大学の早川正士名誉教授は、「地震予知と地鳴りの関係はいまだ科学的に解明されておらず、地震の前兆として考えるのは現時点で早計」と指摘しています。 ただ、地鳴りが聞こえたら構えておくだけでも効果はありそうですけどね!!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

日向灘ではM7クラスの地震が30年周期で発生している!

京都大学防災研究所・宮崎観測所の山下裕亮助教は、2019年5月に日向灘でM6.3の地震が発生した際に、「今回の地震の震源の周辺では、およそ30年に1度の間隔でM7クラスの大地震が発生していると話した上で、今回の日向灘の地震はいわゆる『前震』にすぎず、今後、さらに規模の大きな地震が起きるおそれもある」と指摘します。また「M7を超える大地震では、津波のおそれがかなり高まるので、沿岸部に住む人は、避難経路の確認など、津波対策もしっかり進めておいてほしい」と呼びかけています。

日向灘はここ数十年で最も危険性が高いと専門家が指摘!過去には日向灘でM7.1クラスの地震は30年~40年周期で発生!『日向灘』の地震が『南海トラフ巨大地震』のトリガーに!?

スロースリップが南海トラフ地震の引き金になる!?

京都大学防災研究所の山下助教授によりますと、南海トラフの端にあたる日向灘で熊本地震発生後、低いうなりのようなスロースリップの発生をとらえていて、この現象が巨大地震の引き金になるのではないかと懸念していると話しています。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

日向灘の地震が南海トラフ地震の発生間隔に影響を与えるという研究も!

日向灘地震をめぐっては、南海トラフ地震の発生間隔に影響を与えるという研究もあります。実際1944年の東南海・1946年の南海地震の前の1941年に日向灘地震が発生しています。これら東南海・南海地震は1854年の安政地震の90年後であり、安政以前の発生間隔が100年以上であったことをみればやや短くなっています。

東京大学名誉教授のロバート・ゲラー氏は日向灘の地震と南海トラフ地震の関連を否定する学者らを強く批判!!

東京大学名誉教授で地震学者でもあるロバート・ゲラー氏は、2019年5月に日向灘でM6.3の地震が発生した際に、日向灘の地震と南海トラフ地震の関連を否定する学者らを強く批判しています☟  

東京大学名誉教授で地震学者でもあるロバート・ゲラー氏は日向灘の地震と南海トラフ地震の関連を否定する学者と政府を強く批判!政府と御用地震学者の『罪』は大と断罪!『日向灘』でM7の地震が『南海トラフ巨大地震』のトリガーに!?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

南海トラフは30年以内に70%~80%に引き上げられたばかり。

詳しくはこちらの過去記事に書いていますが、 政府の地震調査委員会が南海トラフの巨大地震について見直しを行い、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが今回の公表では『70%~80%』に引き上げられています。

【悲報】史上初『南海トラフ』と『根室沖』が30年以内に発生する確率が80%を示す!!日本オワタwww

立命館大学の高橋学教授によると中規模の地震が発生してから3日以内に本震が起きる!!

地震の専門家でもある立命館大学の高橋学教授は、過去に2019年3月上旬まで頻繁に揺れを観測していた、和歌山県・三重県周辺で地震がピタリと止まりました。「これまでの統計から、大地震が起きる前にはパターンが見られます。頻繁に地震が起きていたのにピタリと止まったり、回数が激減すると危ない。静穏期が六十数日続いた後、もう一度、中規模の地震が発生し、3日以内に本震が起きるのです。」と語っています。 

【悲報】立命館大学の高橋学教授が2019年のGW10連休に『南海トラフ巨大地震』が来る可能性について指摘!『紀伊水道』などでM5クラスの中規模地震が発生したら、3日以内に本震が来るかも!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

過去の南海トラフ地震は黒潮の非蛇行期(直進期)に発生!

過去に起きた南海トラフ地震で日付の分かっているものに関しては、黒潮の非蛇行期(直進期)に発生しています!黒潮の大蛇行は、気象庁によれば現時点でも続いていますが、過去3回の大蛇行は1年数カ月で終息しています。

f:id:sho11070714:20190303134707p:plain

引用:黒潮大蛇行の歴史 – 黒潮親潮ウォッチ

こうしたことから、黒潮の大蛇行が終わった後が危ないのでは?ということのようですね。

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、2019年5月10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

次の南海トラフ地震は東日本大震災と同クラスのM9という説も!!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、直近の南海トラフ地震がM8クラスだったことから、前回の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ巨大地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めている可能性があるという説があります。そうした事から、次の『南海トラフ巨大地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようですね!! 

次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9か!?『昭和東南海地震』・『昭和南海地震』ではエネルギーは解放しきっていなかった!2019年中に『南海トラフ地震』などの巨大地震の予言も続々!

4月8日は『ピンクムーン』が見られる日!恋愛運がアップするらしいが、地震の引き金になる可能性も!

4月8日は『ピンクムーン』が見られる見通しです!この満月をみると、恋愛運がアップするともいわれており、これは見逃せませんね。ただ、満月と地震の関係は専門家も指摘しています。しかも『スーパームーン』でもあるので、いつも以上に地震にも警戒したほうがいいかもしれません!

【ピンクムーン】2020年4月8日は令和最初の『ピンクムーン』が見られる!『ピンクムーン』を見ると恋愛運がアップ!しかも今月の満月は『スーパームーン』でもある!ただ、満月と地震の関係は専門家も指摘!『南海トラフ地震』などの巨大地震のトリガーになる!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

祝日&水曜日に巨大地震が来る!?2020年だと1月1日・4月29日・5月6日が候補日!

発生日は水曜日&祝日に巨大地震が来るかも!?という説です☟2020年では、

2020年1月1日(水)

2020年4月29日(水)

2020年5月6日(水)

の3日が候補になります。

【予言】魔の水曜日&祝日になる2020年4月29日or5月6日に巨大地震が来る!?首都直下地震・南海トラフ地震・富士山噴火が一緒に来たら日本滅亡!!

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

4月7日14時10分頃から地鳴りがした・揺れたという報告が続出しています。時間帯から考えると、日向灘を震源とするM4.6の地震でしょうか。日向灘の地震は南海トラフ地震に影響を与えるという説もありますので、しっかりと備えておきましょう!!

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です