【南岸低気圧】3月28日~29日にかけて南岸低気圧が日本の南を通過する予想!東京都心やさいたま市・千葉市・横浜市でも大雪警報級になる可能性も!

気象庁によりますと、3月28日~29日にかけて南岸低気圧が日本の南を通過する予想となっています。そこで本日の天気のあれこれでは、東京で雪が降るのかについて見ていきたいと思います~

3月28日~29日にかけて南岸低気圧が日本の南を通過!!

天気図を見てみると、3月28日~29日にかけて南岸低気圧が日本列島の南を通過する予想となっています!

3月28日09時の予想天気図がこちらです☟ 

引用:天気図

3月29日09時の予想天気図がこちらです☟ 

引用:天気図

コース・上空の寒気によっては、また東京で雪になるかもしれませんね。

東京で雪が降る可能性が強まる条件のおさらい!!

東京で雪が降る条件をおさらいしておきましょう!大きく分けて2点の条件が揃っていると、東京で雪が降る可能性が強まります。その2つとは、『気温』『低気圧が通過するコース』です!!

1つ目の『気温』ですが、地上気温としては3℃以下・上空1,500m付近の気温は-3℃以下になっていると、雪の可能性が高くなります。

f:id:sho11070714:20180101171607j:plain

一般的に日本海側で雪を降らせるラインは、上空1,500mで-6℃と言われていますが、太平洋側は南岸低気圧によって寒気が引き込まれることもあり、-3℃のラインがかかっていると雪になる確率が高いと言われているのでしたね。

2つ目の『低気圧が通過するコース』ですが、八丈島付近を低気圧が通過すると、雪になる確率が高くなるんでしたね。

f:id:sho11070714:20180126080408p:plain

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

コースは八丈島付近を通過する予想!!

まずは低気圧の通過するコースを見てみましょう。 

3月28日15時~29日15時までの降水エコーの流れの予想をgifアニメにしてみましたのでご覧ください。

3月27日09時の数値予報☟ 

今のところ28~29日は八丈島付近を通過するようなコースとなっており、コースは〇と言った感じでしょうか。

上空1500mの寒気は0℃のラインがかかる時間帯も!! 

3月28日15時~29日15時までの上空1,500m付近温度の予想をgifアニメにしてみましたのでご覧ください。

3月27日09時の数値予報☟ 

東京上空には0℃付近の寒気が入っていますね。地上気温は最低気温が2℃と条件はクリアしているので、気温は△といったところでしょうか。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

29日は雨か雪のち曇の予想!!

29日は気温△・コース〇でしたね。これは雨の確率は高そうです。

では、答え合わせの週間天気を見てみましょう。

 引用:気象庁 | 週間天気予報: 東京都

今のところ雨か雪のち曇となっていますね。ちなみ『雨か雪』は雪よりも雨の可能性が高いことを意味しています!

ただ、低気圧のコース・上空の寒気の状況によっては逆の『雪か雨』に変わる可能性もあるので、要注意です!!

東京都心やさいたま市・千葉市・横浜市でも大雪警報級になる可能性も!!

気象庁は関東では29日に寒気の程度などによっては大雪になる恐れがあるとの週間天気予報を発表しています。早期注意情報によりますと、東京都心(千代田区)やさいたま市、千葉市、横浜市などで大雪警報級になる可能性があるとの事です。

headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

まとめ

桜の満開も近い日本列島ですが、28日~29日にかけて南岸低気圧が関東の南を通過する予想となっています。今のところ東京都心では雨の可能性が高そうですが、コース・寒気の強さによっては雪がちらつく可能性もあります。気象庁の早期注意情報によりますと、東京都心(千代田区)やさいたま市、千葉市、横浜市などで大雪警報級になる可能性があるとの事なので、要注意ですね!

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

寒さ対策はこちら☟      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です