【地震前兆】6月28日に島根県沖の島町北東部の浄土ヶ浦海岸に約3m・約100㎏の『ダイオウイカ』が漂着!『ダイオウイカ』の漂着は地震の前兆という説もあり、2016年・2019年には見つかった翌日に地震が発生!念のため巨大地震に要警戒!

6月末に島根県沖の島町北東部の浄土ヶ浦海岸に3mのダイオウイカが漂着したようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

6月28日に島根県沖の島町北東部の浄土ヶ浦海岸にダイオウイカが漂着!

6月28日に島根県隠岐の島町北東部の浄土ケ浦海岸に、ダイオウイカが漂着しているのが見つかったようです。ダイオウイカは死後1日程度経った状態だったとの事です!

漂着したダイオウイカは全長3.12m・推定体重は約100㎏!!

今回見つかったダイオウイカは、全長3.12mあり、最も長い触腕と呼ばれる足だけでも1.9mあったようですね。推定体重は約100㎏とされています!!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

隠岐の海岸でダイオウイカを見つけたのは初めて!

今回ダイオウイカを発見されましたが、生物に詳しい隠岐の島町の野津大さんによりますと、「生物調査で長年隠岐の海岸を歩いてきたが、ダイオウイカを見たのは初めて。隠岐では発見例も少なく、巨大な現物が見られて興奮した」と話しています。

日本でのダイオウイカの漂着は37年間で20個体の報告あり!

深海で暮らすダイオウイカは、生きている個体の目撃例はほとんどなく、生きている映像は、日本の研究家が2006年12月に小笠原沖650m付近に仕掛けた深海たて縄で捕獲したダイオウイカを船上から撮影したものが世界初とされているくらいです。1941年~1978年の37年間には20個体が報告されており、漂着自体が珍しいですね!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

2016年にはダイオウイカ漂着の翌日に沿岸北部で震度3の地震が!ダイオウイカの漂着が地震の前兆!?

2016年には秋田県にかほ市象潟町小砂川の海岸でダイオウイカが漂着した翌日に沿岸北部で震度3の地震が発生しています!男鹿水族館GAOの飼育員、富田峻平さんは「深海の異変で衰弱した可能性も否定できないが、因果関係は科学的に証明できない」と話しています!

www.sankei.com

2019年にもダイオウイカの水揚げ翌日に鳥取県中部で地震!!

2019年1月30日には鳥取県境港市でダイオウイカが水揚げされましたが、翌日に鳥取県中部でM2.6の地震・島根県西部でもM3.2の地震が発生しています☟

www.tankyu3.com

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

『環太平洋対角線』の法則が発動で日本で巨大地震が!?

『環太平洋対角線の法則』とは、南半球で地震が起こると、その対角線上で半年以内に地震が起こるという法則になります。

【環太平洋対角線の法則】数か月以内に『南海トラフ巨大地震』が発生?ペルーでM8.0の地震で『環太平洋対角線の法則』が発動か!2019年中に巨大地震が近いという予言も!!

過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生しており、ここ数カ月は要注意ですね!!

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

まとめ

6月28日に島根県沖の島町北東部の浄土ヶ浦海岸に3mのダイオウイカが漂着しました。ダイオウイカの漂着は地震の前兆という説があり、過去には実際に翌日地震が起きた例もあります。これは要注意ですね!!

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟