【地震予知】『麒麟地震研究所』さんによると観測機2が広い範囲で地震前兆反応を捉える!規模はM8.6以上のパターンで発生すると東日本大震災の2倍以上の津波の可能性にも言及!

当ブログで以前紹介した『麒麟地震研究所』さんが気になる投稿をしていたので、本日の天気のあれこれでは、その内容について書いていきたいと思います~ 

 【地震予知】内陸型の耳圧があるとのことで内房・関東内陸に注意!www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20190617151946p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

   目次

 

1.データから地震予知を試みる『麒麟地震研究所』さん!!

以前このブログでも取り上げさせていただいた『麒麟地震研究所』さんは、データから地震予知を試みている人です☟ 

twitter.com

 

この方は、NPO法人国際地震予知研究会(IAEP)のメンバーで、3月11日の地震の前兆発生時のデータを明確に捉えていたとの事です!!

  

2.『麒麟地震研究所』とは?

ネットで検索している見ると、、、以下のサイトが出てきました☟

www.npo-iaep.org

 

f:id:sho11070714:20190506084217p:plain

引用:  NPO法人IAEP国際地震予知研究会(株)麒麟地震研究所

 

住所を見てみると、三重県伊勢市となっていますが、詳細は明かされていないので、良く分かりませんね!!ただ、地震情報の配信・観測を行っているようです!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

3.観測機2が広い範囲の地震前兆反応を捉える!発生した場合は東日本大震災の2倍の津波の可能性が!

『麒麟地震研究所』さんは以下の投稿をしています☟

 

観測機2が広い範囲で地震前兆反応を捉えているとのことで、東北地方東方沖の予測アウターライズ地震M8.6以上のパターンが45000出ていますとしています。この反応は7年半以上出現しており、発生したら津波は3.11の2倍以上可能性があります。とのことで、穏やかな内容ではありません!!

  

4.観測機1には53000の非常に大きな地震前兆反応が!M7前後か!?

先日の投稿で『麒麟地震研究所』さんは観測機1にも大きな地震前兆反応が出ているとしています☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

5月10日の投稿も見てみると、、、規模はM7前後としていますね!!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

5.関東方面や関東東方沖・伊豆諸島の地震前兆反応が!?

『麒麟地震研究所』さんは5月の初めに関東方面・関東東方沖・伊豆諸島の地震前兆反応があるとも投稿しています。また昨年10月18日から反応が出ているのに、大地震が発生していないので、大地震の継続前兆反応だとしています!! 

www.tenkinoarekore.com

  

6.磁気嵐ロジックでは6月16~19日がL6(要警戒)・20~21日がL5(警戒)!!

磁気嵐ロジックを元に地震予知を試みている『BOPPO』さんによりますと、6月16~19日がL6(要警戒)・20~21日がL5(警戒)としています☟ 

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

    

7.関東で大地震だと『首都直下地震』・『南海トラフ巨大地震』!?

政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟

www.tenkinoarekore.com

  

続いて南海トラフ巨大地震を見てみましょう!!

政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟ 

www.tenkinoarekore.com

  

8.南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

www.tenkinoarekore.com

 

この研究者は、2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が発生する可能性が高いという説も提唱しています ☟ 

www.tenkinoarekore.com

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

     

9.次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9という説も!!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、直近の南海トラフ地震がM8クラスだったことから、前回の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ巨大地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めている可能性があるという説があります。そうした事から、次の『南海トラフ巨大地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようですね!! 

www.tenkinoarekore.com

  

10.5月21日には鎌倉市の材木座海岸・22日には横須賀市の北下浦海岸で『ザトウクジラ』が漂着!!

5月21日には鎌倉市材木座海岸・22日には横須賀市北下浦海岸に『ザトウクジラ』が打上げられているとして話題になっています!! 

www.tenkinoarekore.com 

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

11.『環太平洋対角線』の法則が発動で日本で巨大地震が!?

『環太平洋対角線の法則』とは、南半球で地震が起こると、その対角線上で半年以内に地震が起こるという法則になります。

www.tenkinoarekore.com

 

過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生しており、ここ数カ月は要注意ですね!!

  

12.Love Me Do氏が6月24日~29日頃に地震・噴火・災害を予言!!

当たると評判の占い師Love Me Do氏によりますと、6月28日に60度となる太陽と天王星の影響は、6月24~29日に驚きのニュース、もしくは地震や噴火、大雨による土砂災害など水害として出るか

しれません。としています。  

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

13.6月15日~17日には日本各地で『地震雲』の目撃情報が!!

6月15日~17日には日本各地で『地震雲』の目撃情報も挙がっています☟   

www.tenkinoarekore.com

 

www.tenkinoarekore.com

   

14.いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   

15.まとめ

本日はデータから地震予知を試みている『麒麟地震研究所』さんをご紹介しました。『麒麟地震研究所』さんによりますと、観測機2が広い範囲で地震前兆反応を捉えているとのことで、東北地方東方沖の予測アウターライズ地震M8.6以上のパターンが45000出ていますとしています。この反応は7年半以上出現しており、発生したら津波は3.11の2倍以上可能性がありとのことで、穏やかではないですね。当たるかどうかは定かではありませんが、備えはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

   

 

  

 

カテゴリー